芸能人の話は面白いけれど、でも他人の話だ。

さっき、家に帰ったらダウンタウンDXがついていたので、夕ご飯食べながら見てました。

基本、面白いんですよねー、芸能人の話って。


高橋ジョージさんと離婚騒動してる人の話とか、中村玉緒さんの勝新太郎さんとのエピソードとか、女性なのにスーパー男性モデル目指してて、女性にキャーキャー言われている人とか、そっちから来たか、新しいなーとか。AKBにめちゃくちゃリアクションの大きい新人が入ったとか。


で、ふと気づいてしまうんですが。
あ、これって「他人の話」だって。

この四角い箱の中で行われている楽しいお話は、お前の話じゃない。お前にはどうすることもできない他人の話だ。お前には、本当に向き合うべきお前の人生があるのだ、と。自分の心が言ってるんですね。

芸能人の話は非日常で面白いし、テレビのは中の彼らは無抵抗だから、こちらが好きなようにいじってスッキリすることもできるし。

なんて思いながらも、ずるずる見てしますのですね。(あ、松ちゃん金髪にしたんだー。)

さて、つかの間の現実逃避はここまでだ。キミはキミの目の前の現実を見て歩いていかないと、少しだって前に進むことはできないんだぞ。なんて。