ポエジーの哲学・考え方

経営理念

自己表現する人を増やす。

ぼくの人生になかったもの、それは「自分」でした。

子どもの頃、引っ込み思案で、いつも兄のうしろを着いていって‥‥。

 

そんなぼくは、中学生でロックに出会います。

その音楽は、ぼくを高揚させ、夢中にさせました。

ロックのメッセージから、たくさんのことを学びました。

 

あるとき、気がつきます。

嘘と建前があふれたこの世界で、ロックの詩には嘘がない。

本物のロックに嘘があるのを、ぼくは見たことがありません。

 

それは、「彼らが本当にやりたいことをやっているから」なのだな。

そう理解するようになりました。

 

30代、会社員のときに、ぼくは人生に行き詰まりを感じていました。

それは、自分の心に嘘をついて、本音を言わなかったから。

自分に向き合い、勇気を出して本当の気持ちを話したら、道が開けました。

心の底にある声を表現したら、人生が変わりました。

 

だから、自己表現することで、人生を変えていくことができる。

それを伝えたい。

自己表現をして、やりたいことをやって生きる人を増やしたい。

それが、世界をよくしていくことにつながるから。

 

自己を表現することが、自分の存在表明。

さあ、人生をロックンロールしよう。

Vision -  目指す未来

みんなが自己表現をし、個性があふれる世界。

どこに行っても、似たような街並み。

大型モール、コンビニ、そしてチェーン店。

 

自己主張をしないのっぺらぼうな顔。

同じような服装、似た髪型。

 

流行りの歌、誰かのマネ、大量生産。

 

せっかく、みんな違う個性をもっているはずなのに、なぜ似た顔になっていくのだろう。

 

ぼくは、個性的なものが好きです。

 

ユニークであることが大切な価値観。

その人にしかできないこと、そこにしかないもの、個性的なものに心惹かれます。

 

ひとつのものさしで測るのではなくて、ユニークであること。

世界に、もっと個性があふれたらいいのに。

Mission - 果たすべき使命

アイデンティティをデザインする。

個人や企業の本質的な「らしさ」引き出し、外の世界に表現する。それをデザインの手法で行うのが「アイデンティティデザイン」です。

 

アイデンティティデザインは、大きく2つのステップに分けられます。

 

1. 自分自身を掘ってアイデンティティを見つける

2. 見つけたアイデンティティを表現する

 

上記の2ステップをもって、本当の自分を表現する。心の嘘、心の我慢を減らしていく。自分が思う自分と、外から見える自分のミスマッチを減らしていく。人とは違う、自分だけの個性を表現する人や企業を増やす。

 

これをミッションとします。

Value - 大切にする価値観

1.本音を話すこと

理想を現実にするための第一歩は、自分に正直になること。

本音を隠している限り、何も変えることはできません。

本音だけが、物事を次のステップに進ませる力を持つのだから。

2.変化を恐れないこと

現状を変えることは、怖さをともないます。

でも、そこに行きたいからこそ、怖さを感じるんです。

時には、今までに築き上げたものを壊すことも。

3.本質的であること

星の王子様は「大切なものは目に見えない」と言いました。

表面的には見えない、裏側や奥、人の感情や心。

本質的なことに目を向けます。

4.美しく整っていること

あるべき姿であるならば、それぞれが、

あるべきところに収まり、ムダがないはずです。

たとえば、らせん状になっているひまわりの種のように。

5.個性的であること

自分らしいということは、他に同じものがないということ。

「みんな違ってみんないい」というように、

他人と自分を比べず、個性を大切にします。

6.矛盾を受け入れること

この世界は矛盾だらけ。人も自分も矛盾だらけ。

でも、その矛盾の中で生きていかなきゃならない。

矛盾を受け入れ、物事の両面を見ます。

屋号・シンボルマーク

POESY*ポエジー

poesy【名詞】

1. (1編の)詩;[集合的に] 詩, 韻文(poetry);詩作(法).

2. 詩的霊感;詩才.

3. 座右銘として詩句, 愛誦句.

Weblio辞書より引用

 

 

ぼくが思う「詩」について

 

詩というのは言葉で表されます。

その表面は薄く透きとおってしまうほどで、あたたかい生身を表現します。

もろくて、だから、それに触れさせない人もいます。

そんな内面を映しだすものだからこそ、詩を表現するのはすばらしいこと。

 

詩は軽快なリズムを持ちます。

弾性で、ウキウキさせる。

どこにでもある言葉、当たり前の言葉すぎて、届かないこともあるけれど。

その人の、心のある場所・経験・感情がそろわないと届かない。

 

詩を、ありのままで表現しているのは、とても美しいこと。

 

 

「詩」の持つ力について

 

糸井重里さんの、この言葉を引用します。

 

”さまざまな新しいことは、

詩人が種をまいて、はじまるように思っている。

ことばという表現でとらえたら、詩人ということになるけれど、

芸術家という言い方でもいいかもしれない。

 

鳥のように空を飛びたい。

こう、詩人が言った。

ほんとうは、たいていの人たちが

思ったことのあることだったけれど、

 

詩人がことばにしたのだった。

シンボルマーク


モチーフは「火の鳥」。


既存の価値観を壊し新しい概念を生み出す、破壊と再生。つまり、炎の力。

コンセプト=抽象的な概念を操る、上空から遠くを見通す役割。つまり、鳥。


あと、単純に手塚治虫のマンガ「火の鳥」が大好きっていうのも

このモチーフにした理由の1つです。

Photo by Flickr
Photo by Flickr