コンセプトの言語化で「100点満点でいったら120点!」いただきました!

「100点満点でいったら120点!(笑)」

 

クライアント:RHYTHMICAL WORK STYLE 髙瀬美宇さま

サービス名:コーポレート・アイデンティティデザイン/ウェブサイトのコンセプトページ原稿


成果物:サービスのコンセプトを言語化する

リズムアップ整理コンサルタント”高瀬美宇さんが提供する知的パフォーマンス最大化サービス「RHYTHMICAL WORK STYLE」のサービスコンセプトを作成させていただきました。実績紹介を見る

コンセプト言語化の流れとその様子

制作前の課題「左脳的な言語化がニガテ...」

髙瀬さんは、ご自身のホームページをつくっていくなかで、サービスの内容を言語化することに、課題を感じていたそうです。

 

理由としては、

 

  • ロジカルに説明する、左脳的な言語化が苦手。
  • 目の前で人に質問されながら答えることはできる。でも、自分ひとりで「書く」となると、どこが結論なのかが分からなくなって堂々巡りしてしまう。
  • 自らの言葉を発信した経験が少ないので、「これでいいのかな?」と不安になって手が止まってしまう。

 

といったことがあったそうです。

制作の過程

打ち合わせは全部で3回、スカイプで行いました。

導入では、つくりたいコンセプトのイメージを膨らませ、言葉をつくるのに必要な情報を、ヒアリングを通じてひとつずつ整理していきました。

 

ある程度、必要な情報がそろったら、宿題とし、まずは髙瀬さんご自身で原稿を書いていただきました。

それをミズノが確認し、足りない情報をヒアリング、伝わりづらい表現を修正、随時フィードバックをもらいながら、一つの文章に仕上げていきました。

髙瀬さんの感想

成果物に対しての満足度はどうでしたか?

100点満点でいったら、120点!(笑)

言葉を整理することがゴールだと思っていたので、コンセプトが出来上がって満足していたら、最後にホームページ掲載時のデザイン案までプレゼントしてくれました!

ミズノさんの優しさに感動!

自分の力だけで作れましたか?

NO〜〜〜!

仮に作れていたとしても、不要な労力や時間をかけて、その割にクオリティ低いものになっていそうなので、やっぱりお願いして大正解でした♪

どんな部分がむずかしいですか?

「こんな感じのものを作りたい」という漠然としたイメージはあっても、結局「自分が表現したいものは何なのか?」言葉にできないところが難しい・・・。

言葉にならないと向かう先がわからず進まないので、困りました。

 

でも、ミズノさんの問いに答えていったり、「ブランドプロミス」という考え方をインプットしてもらったおかげで、自分が「こうしたいんだ」というゴールが明確になりました。

コンセプト作成をするメリットはどんなことですか?

  • 「自分の仕事はこれだ」「自分ってこれだ」ということが認識できる
  • 基準ができて、今後の方向性にズレがなくなる
  • わかりやすく自分の仕事の説明ができる
  • 人に理解や共感を促すことができる
  • 第三者に話しやすくなる

ミズノからのコメント

髙瀬さんにはじめてお会いした時は、言語化や文章を書くことは得意そうだな〜という印象を持ったのですが(仕事内容からも)、やりとりを重ねていくうちに、案外、そういったことはニガテなんだろうなと気づきました(笑)。

 

自分の考えていることを言語化するのがニガテな方、思ったように「伝わる文章」が書けないとお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

みーちゃん、ありがとう!


※このサービスの詳細は、以下のページをご覧ください。