頭のモヤモヤを吹き飛ばす自分デザインセッション「魔法の質問でどんどん引き出されていきました。」

「ミズノさんの魔法の質問でどんどん引き出されていきました。」

 

クライアント:Arai Hiroshiさま(通称あひる君)

サービス名:パーソナル・アイデンティティデザイン


いきさつ

あひる君と出会ったのは、ちょうど一年前、僕が独立を決意して、会社を辞める日でした。本間正人先生のコーチングセミナーに参加したところ、当時高校生3年生のあひる君と同じ班になったのでした。高校生にも関わらず、大人にまじってコーチングを学ぶ姿勢に、共感と興味を持ちました。

 

同じ年の夏に、あひる君自身が講師をつとめた「笑顔のコーチング講座」に家族をつれて参加、その後しばらくFacebookでつながっている程度でしたが、ひょんなご縁がつながって、自分の進む方向性が見えずに悩んでいるというあひる君に再会し、自分デザインのセッションを担当させてもらうことになりました。

 


※笑顔のコーチング講座で、堂々と講師をつとめる高校3年生のあひる君

 

はたして、セッションの結果。

 

どうやら、あひる君の心につながる言葉を見つけることができたようで、後日メッセージをもらいました。とても素敵な内容で、2割増しくらいかっこ良く紹介してもらいました(^^)v

いただいた感想

Dear: あなた

【大切なひとを大切に。】

昨日、『自分自身を言葉で表現し理解する』アイデンティティデザインのお仕事をしている、ミズノケイスケさんのコーチングを体験しました!

ちょうど一年前、本間先生の地域を元気にするファシリテーター養成講座に、高校を休んで参加したときに出会った方です。

ストレングスファインダー、MBTI、など強みを見つける心理テストを受け、過去の経験から自分の価値観を知り、現在の活動は適しているか、未来の自分はどうあるべきか、ミズノさんの魔法の質問でどんどん引き出されていきました。

頭の上にモヤモヤと浮かんでいた雲をふーっと吹き飛ばされたような感覚です。

実は僕自身が自分を認められず、自信を持てていなかったことにも気づきました。。

価値観は変わらないが、自分を知ることでモノの見方が変わる。

僕の目線の先にあるもの、それは、

『母親と子ども。』

見えてきた。過去の自分と今の活動との共通点。

まさに、点と点が線でつながり、面になった!!!

そして、

【大切な人をもっと大切に。】

【大切に】とは、

自分を表現する、受け入れる、伝える、

安心、幸せ、笑顔を目の前の人に

という意味がこめられています。

冒頭の【Dear】には、、

《親愛なる》《〜〜様》

という意味の他に、

《大切な》《愛しい人》

という意味も。

Dear: あなた

僕はこれから

【大切な人をもっと大切に】

する活動をしていきます!

ミズノからのコメント

不思議だなーと思いました。本間先生のコーチングセミナーでは、あひる君以外にもいろんな出会いがあったのですが、ちょうど1年後に、こうしてあひる君と話をしているということが。

 

娘が生まれてから、子どもの教育のことや、人の価値観がどのように形成されていくか、なんてことに興味がわいたのですが、高校生にして、自分の意志で選んで行動しているあひる君に惹かれたのかもしれません。

 

いただいた感想では「魔法の質問」だなんて、うれしい表現をしてもらえました。たかが質問、されど質問。質問って何気ないものだけれど、自分の本質を見つける大きな力を持っていると思うのですよね。その人の自分らしさを見つけられる、魔法の質問をもっと磨いていこうと、思いました。


▼この記事に関係するサービス内容

パーソナル・アイデンティティデザイン