「職種変更の面接試験に備えて」自分の思いを言葉にするためのセッション

「自分がこんなに人に軸があるとは思わなかった」

 

クライアント:Sさま

サービス名:パーソナル・アイデンティティデザイン

 

 


30代の女性、Sさんのセッションを担当させてもらいました。Sさんがセッションを受けようと思ったきっかけは、「職種変更の試験を受けることになったから、試験に備えたいから」とのことでした。

 

職種変更の面接では、様々な質問をされると思います。しかし、Sさんいわく、

 

「何故職種変更したいのか、自分がどうなりたいのか、上手く言葉にできない」

 

とのことで、ばくぜんと職種変更したいという思いはあるけど、それをうまく言葉にできないという理由でのご相談でした。

セッション後のアンケート

セッションを体験した感想を教えてください

自分がこんなに「人」に軸があるとは思わなかった。

特に響いた言葉、印象に残っていることは?

環境によって発揮されるパフォーマンスが違うということ。実感と同じ。

自分に考える癖があること。考えてないと思っていた。

もっとこうして欲しかったということ

特になし!

実際にやってみようと思ったことは?

「わからない」ことをなくしていく。

ミズノへのメッセージをどうぞ!

「自分」が結果に表れててよかった!まだよくわかんない、ってところも解明して行きたい!

ミズノからのコメント

Sさんの場合、面接への対策でセッションを受けられましたが、面接において大切なことは、「自分の思いや考えを言葉にして伝えること」だと思います。

 

そして、Sさんのように、「なんとなくそう思っているけど、言葉にするのが難しい・・」という方は多いように思います。アイデンティティデザインのセッションは、その人自身のことが言葉としてでてくるので、ぴったりだったように思います。

 

感想にも、「自分がこんなに人に軸があるとは思わなかった」「自分に考える癖があること。考えてないと思っていた」とあるように、気づいていない自分を発見してもらえたかなと思います。

 

こぼれ話として、Sさんの人生にタイトルをつけるとしたら「人間関係なぜなぜ人生」でした。あと、久しぶりにドラゴンボールの悟空の絵を書きました(謎)


▼この記事に関係するサービス内容

パーソナル・アイデンティティデザイン