「令和」らしさを打ち出した、豊田市倫理法人会様 700回記念モーニングセミナーのチラシ

制作ストーリー

倫理法人会の存在は、10年も前から知っていたけど、ずっと自分が所属するところではないなあと思っていて。

 

それがそれが、独立して、起業して、色んな人生の幸不幸を味わうにつれ、必要かも!と思い始めたら、いつのまにか入会していました。それが、昨年の9月の頃。

 

それから、毎週の朝のモーニングセミナーに参加をしたり、講演会の実行委員をさせていただくなかで、会長から声をかけていただき、、、「今度、700回の記念セミナーで、水野さんにチラシのデザインをお願いしたいんですが?」と。ぼくは、すぐに「ハイ!ありがとうございます!」と返事をしました。

 

そのあとに、会長が見せてくださった名刺にビックリ!・・

「今度、この方をお招きして、講演をしてもらおうと思っているんです・・」と見せてもらった名刺には、天照大御神のイラストがどーんと描かれており、「神道伝道師」という肩書きが書かれていたのです。
なんという巡り合わせ♡
神道、古事記、神話、日本の歴史、成り立ち、日本人の心・・そういったものにドストライクで興味が増しているぼくにとっては、願ってもないお仕事の依頼だったのです。
デザインの仕事は、取り組むデザインの対象の、興味ありなしによって、アウトプットのできが変わってきてしまうものです。プロとしてそれはどうなのか?という議論もありつつも、人間好きなものの方ががんばれる、これも一つの真理ではないかと。
神道という興味のある分野、そして講演の内容も、うんうん!と、非常に共感できるもの。そんな熱意を持って、パートナーのデザイナーさんと一緒に、チラシのデザインをつくり上げました。
「令和」らしさを打ち出した、日本人の和の心が表現されているチラシになったように思います。講演の内容もとても楽しみです。5/14(火)は夜、5/15(水)は早朝です。古事記や神話、日本の成り立ち、日本人のアイデンティティ、神社について、そういったものにご興味ある方にピッタリの内容ですね。
***
チラシと合わせて、Facebookイベントも作成し、多くの人に見てもらえるような工夫をしました。

制作メモ

クライアント:豊田市中央倫理法人会

URL:http://toyotarinri.org/

制作パートナー:近藤大芝(デザイナー)