相手の本音を聞きたければ、まずは自分の本音を差し出そう。

今日は、心を通わすことのできる友達とゴハン食べながらおしゃべり。
どんな流れからだったか、そうだ、夫婦の話をしていてだ、僕の口をついて出てきたのがこの言葉です。

相手の本音を聞きたければ、まずは自分の本音を差し出そう。

僕がこの言葉を手に入れたのは、遡ること数日。母親との会話の中からでした。
その時のことは、以前このブログ母親と話した「勇気を持つこと」について。に書きましたが、もう少し付け加えるとこんな会話をしました。

***

父親に本音を語ってもらいたいなら、まずはあなた(母親)が本音を語らないとダメだよ。
「実はね、わたしは、本当はこうやって思っていたのよ」と、心の奥にしまってある本音を差し出さないと、お父ちゃんは本音を語ってくれないよ。本音を聞きたいのなら、まずは自分から本音を差し出すこと。

***

人生の先輩(しかも実の産みの親)を捕まえて、何を偉そうにって自分で思いつつ、熱く語っていました。

これは自分の実体験から得たことなので。自分の心の奥底に隠していたことを外に出し始めたら、本音で話をしてくれる仲間が現れ、ものごとが前に進んでいる感覚が今まさにしてるんです。

これで母親が動くかはわかりません。でも、僕は本音でぶつかりました。後は野となれ山となれ、だ。
さあ、自分の信じた道をいくぞー。