ミズノラボBOOKS

CONCEPT:街を漂う価値ある本

ミズノケイスケが価値あると感じた本を街に漂わせますね。

読んだら、ぜひ!大切な人につないでください。ぜひ!です。

つなげ先に困ったら、ミズノに渡すか、ここやるに置いといてください。

いま漂ってる本

No.1 漫画 君たちはどう生きるか

 

コペル君はぼくだった!

なんか、顔も似ていない??

考えることが好きで、知ることが好き。

でも・・・勇気がない。

そんな哲学者予備軍たちは、

人生に立ち向かうために、読め!!!

 

漫画 君たちはどう生きるか - 吉野源三郎  (著), 羽賀翔一 (イラスト)

Amazonで見る

No.2 2人の障がい者社長が語る絶望への処方箋

 

「障がいとはなんだろう・・・?」

と考えてしまう。

ハンデなんて、あってもなくても、やる人はやる。

やらない人はやらない。

やる/やらない それだけだと、

この本は教えてくれる。

「絶望」への処方箋であるとともに、

「ぬるま湯」につかってしまった人たちへの処方箋でもある。

 

2人の障がい者社長が語る絶望への処方箋 - 佐藤仙務 (著),‎ 恩田聖敬 (著)

Amazonで見る